冷蔵庫・冷凍庫の衛生管理・洗浄マニュアル一覧

冷蔵庫・冷凍庫 衛生管理チェックリスト

20170830160257jAdy7yLG.gif
  • 庫内温度が、冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫はマイナス15℃以下になるように温度調整されている。
  • 庫内の温度は1日2回以上チェックし記録している。
  • 庫内に食材を詰め込みすぎていない(容積の70%までを目安)。
  • 庫内に食材の汚れなどがない、汚れが蓄積していない。
  • 庫内に著しい結露や霜の付着がない。
  • 箇扉パッキンに破損や劣化などがなく、冷気が漏れていない。
  • 冷却機のファン、フィン、フィルター等にゴミや汚れが蓄積していない。

    冷蔵庫・冷凍庫 洗浄マニュアル

    23-refrigerator.png

    【毎日】(扉・パッキン・取っ手)
    1.中性洗剤をダスターに取り、扉・パッキン・取っ手を拭き上げる。
    2.よくすすいだダスターで水拭きする。
    3.乾いた清潔なダスターで水分を拭き取る。
    4.アルコール製剤を噴霧する(取っ手は裏も忘れずに)。

    【毎週】(庫内・棚・フィルター)
    1.庫内の食材・棚・吸気フィルターを外す。
    2.中性洗剤をダスターに取り、庫内・棚・フィルターを拭き上げる。
    3.よくすすいだダスターで水拭きする。
    4.乾いた清潔なダスターで水分を拭き取る。
    5.フィルター、棚を戻し、庫内にアルコール製剤を噴霧する。

    【注意事項】
    ※荒れ性や長時間作業する時などは、手袋を着用する。
    ※製品情報記載の注意事項をご確認の上、ご使用ください。

    おすすめテクニック

    【冷蔵庫のパッキンが黒ずんだ場合】
    100〜300倍に希釈した塩素系漂白剤をペーパータオルに含ませ、黒ずんだ部分に貼り付ける。10〜30分後に拭き取り、最後に水拭きする。
    一度で取り切れない場合は、何度か繰り返す。

    ※漂白剤の濃度を濃くしたり、浸漬時間が長すぎるとパッキンの劣化が早まります。
    ※塩素系漂白剤を使用する際は、手袋・保護メガネ等保護具を着用する。
    ※塩素系漂白剤は、酸性タイプ製品や排水口ヌメリ取り剤・生ゴミ・食酢・アルコールと混ぜない(塩素ガスが出て危険)。
    ※塩素系漂白剤は、原液・熱湯で使用しない。また使用中は、必ず換気する。

    関連製品

    お悩みのご相談

    お客様のさまざまなお悩みや弊社製品・サービスによる解決方法など、ご相談を承っております。お気軽にご相談ください。
    便利なコンテンツや衛生情報などをダウンロードできるハイジーンメンバーも募集中です。

    スペシャルサイト

    衛生管理教育システム eラーニング

    野菜キレイシリーズ 野菜加工用

    メディプロ抗ウイルスクリーナー詳しくはこちら!

    レジオネラ属菌リスク管理 レオシャイン 化学洗浄キット

    安心・清潔の洗浄剤シリーズブランド O2Clean

    ライオンが提供する生活者向け情報 くらしの衛生情報

    はやラク 小規模飲食店向け HACCP対応システム