まな板の衛生管理・洗浄マニュアル一覧

まな板 衛生管理チェックリスト
  • 原材料や調理工程別に専用のまな板を使用している。
  • 木製のまな板は使用していない。
  • 衛生的な場所で保管している。
  • 傷や変色など劣化したまな板は交換している。
まな板 衛生管理チェックリスト
まな板 洗浄マニュアル
【使用都度】
1.温水で下洗いした後、中性洗剤を使用してスポンジやブラシで丁寧に洗う。
2.流水でよくすすぐ。
3.清潔な場所で乾燥させる。または乾いた清潔なダスターで拭き取る。
4.全体にアルコール製剤を噴霧する。

【毎日の作業終了後】
1.温水で下洗いした後、中性洗剤を使用してスポンジやブラシで丁寧に洗う。
2.流水でよくすすぐ。
3.所定の濃度に希釈した塩素系漂白剤に浸漬後、流水でよくすすぐ、もしくは熱湯や煮沸などで加熱殺菌する。
4.清潔な場所で乾燥させる。または乾いた清潔なダスターで拭き取る。
5.清潔な場所に保管する。

 ※塩素系漂白剤を使用する際は、手袋・保護メガネ等保護具を着用する(中性洗剤は、荒れ性や長時間作業する時などに手袋を着用する)。
 ※塩素系漂白剤は、酸性タイプ製品や排水口ヌメリ取り剤・生ゴミ・食酢・アルコールと混ぜない(塩素ガスが出て危険)。
 ※塩素系漂白剤は、原液・熱湯で使用しない。また使用中は、必ず換気する。
 ※製品情報記載の注意事項をご確認の上、ご使用ください。
まな板 洗浄マニュアル
おすすめテクニック
・傷がある場合は、傷目に沿って洗浄します。
・漂白や殺菌には、泡タイプの漂白剤(泡ショットブリーチ)のご利用が便利です。
・塩素系漂白剤に浸漬出来ない場合は、ダスターを希釈した塩素系漂白剤に浸し、まな板に貼り付ける方法をお試しください。
関連製品

pagetop