クドア

クドア(Kudoa septempunctata)について解説します。

寄生虫の特徴

Kudoa-septempunctata.png

クドア・セプテンプンクタータは、ミクソゾア門に属する粘液胞子虫類の一種です。花びら状の特徴的な形で、大きさ約10μm (0.01ミリメートル)の寄生虫です。しかし、その生活環(寄生虫の卵や幼虫が発育・変態して成虫となり、次の世代を生じるまでのサイクル)はまだ解明されていません。
クドア・セプテンプンクタータが多量に寄生したヒラメを生で食べると、食後数時間で一過性の下痢や嘔吐などの症状が起きます。症状は軽度で、速やかに回復します。クドア・セプテンプンクタータによる食中毒は、夏(8〜10月)に多く発生し、冬から春(11〜5月)にかけては減少する傾向にあります。
厚生労働省はヒラメの筋肉1グラムあたりのクドア・セプテンプンクタータの胞子数を1.0×10の6乗個以下とすることを定め、それを超えることが確認された生食用生鮮ヒラメは、食品衛生法に違反するものとして取扱うこととしています。

原因となる食品

ヒラメ

主な症状

下痢・嘔吐(ほとんどの場合一過性で軽症)

潜伏期間

約2時間〜20時間

クドアQ&A

ハイジーンメンバー
募集中

便利なコンテンツや衛生情報などをダウンロードできるハイジーンメンバーを募集中です。

スペシャルサイト

衛生管理教育システム eラーニング

野菜キレイシリーズ 野菜加工用

メディプロ抗ウイルスクリーナー詳しくはこちら!

レジオネラ属菌リスク管理 レオシャイン 化学洗浄キット

安心・清潔の洗浄剤シリーズブランド O2Clean

ライオンが提供する生活者向け情報 くらしの衛生情報

はやラク 小規模飲食店向け HACCP対応システム