Q&A

発病の仕組みと症状を教えてください。

ウエルシュ菌食中毒は、下痢原性ウエルシュ菌が大量に増殖した食品を食べることにより、この菌が食物と共に胃を通り小腸内で増殖して、芽胞を形成する際に放出するエンテロトキシン(毒素)が下痢などの症状を引き起こします。
ただし、ウエルシュ菌による食中毒症状は軽く、下痢の回数は1日1〜3回程度で、主に水様便と軟便です。この症状は、通常1〜2日で回復します。とくに投薬等の殺菌治療は行わず、対症療法が主となります。


参考資料:
●国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/324-c-perfringens-intro.html
●大阪府
http://www.pref.osaka.lg.jp/shokuhin/shokutyuudoku/netsu.html
●東京都福祉保健局 
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/uerusyu.html

pagetop