介護施設のお悩みすぐに取り組める
介護施設の消耗品のコスト削減!

~洗濯洗剤のコスト比較について~

公開日:2022年3月22日

洗剤のコストを正しく比較する

 介護施設内で使用する洗剤類は毎日たくさん使う消耗品ですので、少しでもコストを抑制して、施設運営の利益改善に繋げたいのではないでしょうか。
 介護施設で使われる業務用の洗濯洗剤には、粉末や液体などの種類があり、サイズも使用量の目安も様々です。今回は、消耗品の洗濯洗剤のコストを一緒に比較してみましょう。

1個ではなく1回いくらで比較

 施設における洗剤コストの比較においては、商品1個当たりの価格の比較だけでなく、ひと手間掛けて1回あたりのコストも比較することをオススメします。
 同じ用途の洗剤同士のコストを正しく比較することで、コスト削減の選択肢が広がります。
コストの比較の手順は以下の通りです。
まずは、1回の洗濯に使う洗濯洗剤の使用量の目安を確認しましょう。
ラベルの裏面などに 水○○Lに対して○○gなどと記載されています。
これを参考にして、購入価格から同じ水量で1回あたりの洗濯のコストを計算します。

<例>

(洗濯洗剤A) 1本4 kg、2,500円、水65Lに対して60g使用する洗剤
使用回数=製品容量(4,000g)/使用量(60g)なので1本あたり約67回洗濯可能 
➡ 洗濯1回のコスト 37.5円 (2,500円/約67回)


(洗濯洗剤B) 1本4 kg、3,600円、水65Lに対して25g使用する洗剤
➡ 洗濯1回のコスト 22.5円 (3,600円/160回)

  ※柔軟剤や漂白剤なども同じように比較できます。

  上記事例の場合(65Lで比較) 比較
購入金額 容量 使用量 使用回数 1回コスト
洗濯洗剤A 2,500円 4kg 60g 66.7回 37.5円 Bよりも少ない金額で購入できるメリットがありますが、1回の洗濯コストは割高になります。
洗濯洗剤B 3,600円 4kg 25g 160回 22.5円

Aよりも購入金額は高いですが、使える回数が多いので、1回の洗濯コストを抑えることができます。

 このように購入候補の洗剤について、それぞれ1回使用あたりのコストを計算し、横並びで比較して、施設の環境にあわせて選択しましょう。また、洗濯洗剤を替えると、洗濯後の衣類の仕上り(汚れ落ち、風合い、香りなど)が変わることもあります。コストの比較とあわせて、実際に洗濯して衣類の仕上りも確認しましょう。

 なお、洗剤の使用量は必ず守りましょう。多すぎるとムダなだけでなく、すすぎが不十分になる恐れもあります。逆に少なすぎると、汚れが十分落ちなくて二度洗いの手間が発生したり、衣類の劣化が進む原因になったりします。

すすぎ1回で、水道光熱費を削減

4-2_nursing_home_case1_3.png

 すすぎ1回の洗剤も増えております。すすぎ1回の洗濯が可能な洗濯機であれば、洗濯の時間が短縮されるだけでなく、水道代や電気代なども節約できますのでオススメです。

ライオンハイジーンからのご提案

 ライオンハイジーンでは、介護施設で使用される洗濯用洗剤を幅広く取り扱っております。
「すすぎ1回の洗剤」や「抗菌や消臭効果のある洗剤」、「大型ランドリーに対応した洗剤」と自動供給装置もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

ライオンハイジーンのおすすめ

ライオンハイジーンは幅広い製品ラインナップでプロフェッショナルのニーズにお応えする製品・サービスをご提案します。

その他のお悩み

お悩みのご相談

お客様のさまざまなお悩みや弊社製品・サービスによる解決方法など、ご相談を承っております。お気軽にご相談ください。
便利なコンテンツや衛生情報などをダウンロードできるハイジーンメンバーも募集中です。

スペシャルサイト

衛生管理教育システム eラーニング

野菜キレイシリーズ 野菜加工用

メディプロ抗ウイルスクリーナー詳しくはこちら!

レジオネラ属菌リスク管理 レオシャイン 化学洗浄キット

安心・清潔の洗浄剤シリーズブランド O2Clean

ライオンが提供する生活者向け情報 くらしの衛生情報

はやラク 小規模飲食店向け HACCP対応システム