食品工場のお悩み食品工場内エリア別
「汚れとお悩みごと」MAP

公開日:2022年3月22日

野菜処理室

 18-2_food_factory_map_01.jpeg 野菜を洗浄・加工処理する機械や床などは、水で洗い流すだけでは十分に汚れが落ちません。見た目がキレイな状態でも野菜のアクやカスなどが原因で、菌の付着やヌメリが発生するおそれがあります。特に野菜の洗浄・加工機器の清掃については、加工処理後の野菜の菌数制御面からも重要なポイントとなります。このような場合には、次亜塩素酸ナトリウムを配合したアルカリ性の発泡洗浄剤などで洗浄と除菌を同時に行いましょう。
 また、加工する野菜自体にも、土壌の汚れや虫などが付着していますので、異物混入防止や菌数制御の目的で野菜洗浄剤の使用をおすすめします。

表1 野菜処理室のおすすめ洗浄剤

機器 床・壁 野菜
アク アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604、MF704A
アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604、MF704A
ぬめり
カビ アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604、MF704A
異物 野菜洗浄剤
例)野菜キレイNX4

野菜洗浄剤
次亜塩素酸ナトリウムなど
例)野菜キレイNX4、ニューブリーチ

炊飯室/おにぎり成型室

 18-3_food_factory_map_02.jpeg 炊飯室や冷却設備ではカビが生えやすく、次亜塩素酸ナトリウムを配合したアルカリ性洗浄剤での定期的な洗浄がおすすめです。
 おにぎり成型室では、調理器具に付着したデンプン汚れや、具材由来の汚れをしっかり落としつつ除菌もできる除菌洗浄剤がおすすめです。また、納豆などの具材からは、除菌がむずかしい芽胞菌が混入するリスクもあるので、注意を払う必要があります。機器やラインの洗浄は、汚れの特性を踏まえ、適切な除菌剤を選定しましょう。

表2 炊飯室/おにぎり成型室のおすすめ洗浄剤

コンベア 器具 床・壁
デンプン 除菌洗浄剤
例)サニテートS-3
除菌洗浄剤
例)サニテートS-3
油・たんぱく質
カビ アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604、MF704A
アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604、MF704A
一般生菌 除菌洗浄剤
例)サニテートS-3
除菌洗浄剤
例)サニテートS-3
芽胞菌 除菌洗浄剤
例)サニテートS-2
除菌洗浄剤
例)サニテートS-2

肉・魚処理室

18-4_food_factory_map_03.jpeg

 肉、魚を処理する場面では、動物性の脂やたんぱく質などのしつこい汚れが付着します。
これらの汚れは、界面活性剤と溶剤を配合したアルカリ性洗浄剤を用いて一気に落としましょう。また、魚の処理室では、魚由来の生臭いアミン臭の発生やカビによるトラブルが多く見受けられます。
 このような場面には、次亜塩素酸ナトリウムを配合したアルカリ性の発泡洗浄剤を使用すると効率よく汚れを落とすことができ、カビや生臭さも除去できるのでおすすめです。

表3 肉・魚処理室のおすすめ洗浄剤

コンベア・機器 床・壁
脂・たんぱく質 アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604
アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604
カビ 次亜配合アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604
次亜配合アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604
生臭さ 次亜配合アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604
次亜配合アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604

内番重洗浄室 ・外番重洗浄室

18-5_food_factory_map_04.jpeg

 製品を運ぶ時に使用する番重は、容器洗浄機で洗浄することが一般的です。容器洗浄機には自動の洗剤供給装置を用いて洗浄剤を使用しますが、汚れの度合いや被洗物の材質、使用する水の硬度などを考慮する必要がありますので、メーカーに相談しながら選定しましょう。また、容器洗浄機の庫内には、硬度成分に由来するスケールや、菌の繁殖によるピンクの汚れが付着することがあります。スケールに対しては硬水用の洗浄剤、ピンクの汚れには塩素を配合した洗浄剤の使用をおすすめします。付着してしまったスケールは簡単に除去できませんので、酸性洗浄剤で洗浄する必要があります。

表4 番重洗浄室のおすすめ洗浄剤

内番重 外番重 番重洗浄機
デンプン、油脂、たんぱく質 アルカリ性洗浄剤
例)プラシャインCL110
菌数 次亜配合アルカリ性洗浄剤
例)クリーンカットB、エコペレB
黒ズミ アルカリ性洗浄剤
例)ブリーカーPC
ピンク汚れ 次亜配合アルカリ性洗浄剤
例)クリーンカットB、エコペレB
スケール 酸性洗浄剤
例)SR-20

ゆで麺室

18-6_food_factory_map_05.jpeg

 ゆで麺器は、食材由来の汚れと水由来のスケールが付着します。食材由来の汚れは、麺由来のデンプンやたんぱく質がメインとなりますので、その洗浄にはアルカリ性洗浄剤が効果的です。一方、スケールはアルカリ洗浄だけでは落ちにくく、毎日洗浄していても気づかぬうちに蓄積してしまいます。スケールは一度つくと非常に落ちにくくなりますので、付着に気づいてから落とそうとするのではなく、定期的に酸性洗浄剤で洗浄することをおすすめします。

表5ゆで麺室のおすすめ洗浄剤

機器
デンプン、たんぱく質 アルカリ性洗浄剤
例)リッチフォームMF604
スケール 酸性洗浄剤
例)ゆで麺器キレイ

ライオンハイジーンからのご提案

 ライオンハイジーンでは、食品工場用に開発された洗浄剤ラインナップから、お客様の作業環境に適した洗浄剤と洗浄方法をご提案しております。また、SSOPへの落とし込みもサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ライオンハイジーンのおすすめ

ライオンハイジーンは幅広い製品ラインナップでプロフェッショナルのニーズにお応えする製品・サービスをご提案します。

その他のお悩み

お悩みのご相談

お客様のさまざまなお悩みや弊社製品・サービスによる解決方法など、ご相談を承っております。お気軽にご相談ください。
便利なコンテンツや衛生情報などをダウンロードできるハイジーンメンバーも募集中です。

スペシャルサイト

衛生管理教育システム eラーニング

野菜キレイシリーズ 野菜加工用

メディプロ抗ウイルスクリーナー詳しくはこちら!

レジオネラ属菌リスク管理 レオシャイン 化学洗浄キット

安心・清潔の洗浄剤シリーズブランド O2Clean

ライオンが提供する生活者向け情報 くらしの衛生情報

はやラク 小規模飲食店向け HACCP対応システム