クドアクドア(Kudoa septempunctata)について解説します。

寄生虫の特徴

クドア・セプテンプンクタータは、ミクソゾア門に属する粘液胞子虫類の一種です。花びら状の特徴的な形で、大きさ約10μm (0.01ミリメートル)の寄生虫です。しかし、その生活環(寄生虫の卵や幼虫が発育・変態して成虫となり、次の世代を生じるまでのサイクル)はまだ解明されていません。
クドア・セプテンプンクタータが多量に寄生したヒラメを生で食べると、食後数時間で一過性の下痢や嘔吐などの症状が起きます。症状は軽度で、速やかに回復します。クドア・セプテンプンクタータによる食中毒は、夏(8〜10月)に多く発生し、冬から春(11〜5月)にかけては減少する傾向にあります。
厚生労働省はヒラメの筋肉1グラムあたりのクドア・セプテンプンクタータの胞子数を1.0×10の6乗個以下とすることを定め、それを超えることが確認された生食用生鮮ヒラメは、食品衛生法に違反するものとして取扱うこととしています。

クドア
原因となる食品

ヒラメ

主な症状

下痢・嘔吐(ほとんどの場合一過性で軽症)

潜伏期間

約2時間〜20時間


参考資料:
●農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/f_encyclopedia/kudoa_qa.html
●厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000133250.html
●東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/musi/29.html
●神奈川県衛生研究所
http://www.eiken.pref.kanagawa.jp/005_databox/0504_jouhou/0601_eiken_news/files/eiken_news_158.pdf

pagetop