Q&A

スーパーなどの鶏肉にもカンピロバクターは付着しているのですか?

健康な家禽であっても、腸管内などにカンピロバクターやサルモネラ属菌などの食中毒菌を保有している場合があります。現在の食用鶏肉処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難であり、鶏肉や内臓からはカンピロバクターが高頻度で検出されます。
すべての鶏肉にカンピロバクターが付着しているわけではありませんが、東京都が感度の高い検査方法を用いて調査したところ、流通している鶏肉の4割から6割にカンピロバクターが付着していました。また、冷凍した鶏肉からもカンピロバクターが検出されていることから明らかなように、冷凍したからといって完全に死ぬことはありません。十分な加熱調理することが必要です。


参考資料:
●厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126281.html
●東京都福祉保健局 
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/campylo.html

pagetop